薬物性肝障害の症状と原因薬剤となるもの一覧

薬物性肝障害の症状と原因薬物について

病気を治してくれるはずの薬も、時には害になってしまうこともあります。

薬物性肝障害の症状は通常の肝障害と同じ様に倦怠感や黄疸に加え、発熱や発疹、吐き気・食欲減退、全身のかゆみがありますが、

薬剤になれている方だと、一時的な副作用なのかと放置してしまうケースがありますので、少しでも体調が優れないと感じたときは早い段階で、医師にその旨を伝えるようにしてください。

薬によっては、代謝過程の影響で、肝臓自体が障害を受けることがあるからです。

薬物による肝障害というわけなのですが、薬物性肝障害には「中毒性肝障害」と「薬物アレルギー性肝炎」に分けられます。

中毒性肝障害は薬の量が増えれば増えるほど薬物障害の可能性が増しますが、薬物アレルギー性肝炎は薬の量とは関係なく起こります。

最近発症する薬物性肝障害の多くは、薬物アレルギーによるとされています。

原因となる薬剤としては、抗生物質、抗悪性腫瘍(しゅよう)剤、解熱鎮痛薬、精神神経用薬などの薬の使用で起こることが多く、

どのような薬物でも薬物アレルギー性肝炎を起こす可能性がありますし、また、以前使用した時は何もなくても、薬物アレルギー性肝炎を起こす可能性があります。

知人の女性は、肝機能障害と診断されて自宅で療養をしています。
ほんとうは自宅療養ではなく、入院を勧められています。

肝臓の病気はただただ、安静しか治療法がないのに、家にいるとどうしても動いてしまうからです。

しかし、知人の女性は3歳のお子さんがいたので可哀相で入院ができなかったのです。「自宅だと治るのは遅くなりますよ」と、先生に言われながら自宅療養に入りました。

そして、パソコンも止められていると嘆いていましたが、私が入院していたときも、ベッドで読書をすることも許されませんでした。

とにかく肝臓病は、一に安静二に安静、三、四が無くて五に安静と思ってください。
また、精神的ストレスも肝臓に負担をかけますが、何もしないでいると、つい暗い方に考えがちです。

病気の時にそうそう明るい気持ちになれと言っても無理がありますが、自分の気持ちをどの程度コントロールできるかも回復を早くするカギといえます。



お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より検索していただけますと幸いです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ