OTとGPTの比較でわかる肝臓病

GOTとGPTは、ともにアミノ酸の合成を促進する酵素の仲間です。

こうした血清酵素は、臓器に異常が生じて細胞組織が破壊されると血液中に漏れ出してきます。そこで血液中の酵素量を調べることによって、臓器の状態を知ることができます。

GOTは心臓の筋肉と肝臓に、GPTは肝臓に大量に含まれていて、肝臓の病状に敏感に反応するため、肝機能の検査には欠かせません。

健康な時のGOT/GPT比は1以上(GOT値がGPT値より大きい)ですが、病状によって数値や比率が変わってくるので、両者の比較が重要になります。

急性肝炎では両者が同時に上昇しますが、他の肝障害では一方が上昇します。慢性肝炎や肥満が原因による脂肪肝などではとくにGPTの上昇が大きく、GOT/GPT比が1以下になります。

同じ脂肪肝でもアルコール性の場合や、肝硬変、胆汁うっ滞症などではGOTの上昇が大きく、肝がんでは2~3倍にまでGOTが上昇します。

専門家の間では、GOTをAST、GPTをALTと呼びますが、両者は同じものと考えてください。

LDHについて

LDHは、糖質をエネルギーに変えるときに働く乳酸脱水素酵素で、肝疾患、心疾患、筋疾患、貧血などのほか、がん細胞に多く含まれるのが特徴です。

このため、急性肝炎や肝がん(とくに転移性肝がん)で細胞が壊れると著しく増加し、慢性肝炎や肝硬変ではあまり増加しません。

LDHは、心筋梗塞、肝不全、他の臓器のがんなどでも上昇しますが、肝炎や肝がんでは、5つのアイソザイム(イソ酵素)の中のLDH5が増加するので識別が可能となっています。

GOT・GPTの比較でわかる肝臓病の種類

GOT>GPT…GOTが特に多くなる=肝がん

GOT>GPT…GOTが多くなる=肝硬変、アルコール性肝障害

GOT<GPT…上下変動を繰り返す=慢性肝炎

GOT<GPT…この状態が長く続くときは、劇症肝炎に注意する=急性肝炎

 

 

 



お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より検索していただけますと幸いです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ