γ-GTPが高いのは、アルコールだけが原因ではない

肝臓のガンマ値でわかること

肝臓のガンマ値(以下γ-GTP)はタンパク質を分解する酵素で、腎臓に最も多く、すい臓、肝臓、脾臓小腸などに含まれています。

これらの細胞が破壊されると出てきますが、腎臓の場合は尿に出てしまうので、血液中に出てきたときは肝臓、すい臓、胆道系の異常が考えられます。

γ-GTPはアルコールに敏感に反応する検査として知られ、アルコール性肝障害では、ほぼ100%の人にγ-GTPの異常な上昇が認められます。

肝障害ななくても、毎日のようにお酒を飲む人の半数はγ-GTPの上昇が見られ、ことに検査の前日にお酒を飲むと、数値が大きくはねあがる場合があります。

それ故に、飲酒によってγ-GTPが上昇しやすい人は、将来アルコール性肝障害になりやすいと言われます。

禁酒してγ-GTPが下がればすぐにわかる

γ-GTPの数値がアルコールに反応したものであるか、あるいは肝臓、すい臓、胆道系の病気によるものであるかの識別は、一定期間禁酒してみればすぐにわかります。

検査方法は簡単で、医師から指定された日数アルコールを断ち、もう一度γ-GTPを調べるだけです。

再検査の結果、γ-GTPが正常値まで下がれば、肝障害はないものと考えられます。

しかし、再検査で異常なしと言われた場合でも、多量の飲酒を続けると確実に肝臓の障害が起こりますから、飲み過ぎないように注意しましょう。

アルコールに関係のないγ-GTP上昇は要注意

肝臓のガンマ値(γ-GTP)の上昇の原因は、お酒だけに限りません。近年研究が進んでいる非アルコール性脂肪性肝炎でもγ-GTPは上がります。

これは肝臓に脂肪がたまるだけでなく、たまった脂肪が原因で肝炎を起こすもので、肝硬変や肝がんへ進行する確率が高い危険な疾患です。

非アルコール性脂肪性肝炎は、血液検査だけでは見つかりにくいので、お酒を飲まないのにγ-GTPが異常に高い場合は、肝臓病の専門医を受診する必要があります。

是非確認してみましょう。



お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より検索していただけますと幸いです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ