脂肪肝改善にはレシチンを含む食品やサプリが効果的

脂肪肝の改善や予防に、重要な役割を果たしてくれる
物質がレシチンです。

脂肪肝は、文字通り脂肪、詳しくは
トリグリセリド=中性脂肪が肝細胞に異常にたまる病気です。

健康な人の場合、一般的に肝臓には5%ほどの脂肪が
含まれており、そのうち70~75%はリン脂質という脂肪で
占められています。

残りの25~30%が、コレステロールやトリグリセリドなどで
それぞれ肝臓の組織を形作ったり、機能を保つために
役立っています。

ところが、肝脂肪になると肝細胞にトリグリセリドだけが
異常に増えて、肝臓全体に占めるトリグリセリドの割合を
ぐっと上昇させます。

このトリグリセリドはまだ小さいうちは良いのですが
肝細胞に大きな粒となってたまり始め出すと
これは大きな問題となってきます。

トリグリセリドが幹細胞の大半を占めて細胞の核がすみに
ギュッと押し込められてしまうと同時に、細胞の中で重要な
働きをしている小器官に障害が起きてくるからです。

さて、先ほどふれたように、健康な肝臓には一定の脂肪が
含まれ、その大半をリン脂質が占めています。
実は、このリン脂質の主な成分がレシチンで占められます。。

肝脂肪になると、肝臓ではトリグリセリドが増え、それと
反対にレシチンはどんどん減っていきます。

レシチンやリン脂質は肝細胞が活動していくために
大切な細胞膜、小器官の膜などを形作るために欠かせない
成分であり肝臓が正常に働くにはレシチンが重要な役目を
持っていることになります。

さらに脂肪を燃やすためには細胞内にあるミトコンドリア
という物質が関わっていますが、レシチンやリン脂質は
このミトコンドリアの活動を活発にする事ができるのです。

こうしたことから、肝脂肪を起こして大量のトリグリセリド
のために瀕死の状態にある肝細胞の活力を改善させてやるには
充分なレシチンが必要なのです。

肝脂肪を改善するレシチンの構成要素とおすすめサプリ

レシチンをはじめとするリン脂質を構成しているものは
不飽和脂肪酸と呼ばれるリノール酸や
リレノン酸、アラキドン酸などを多く含んでいます。

最近のヘルシー志向で料理油でも
不飽和脂肪酸という言葉が聞かれるようになりましたが
その原料となるものは植物性脂肪で、その対極にある
動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸より断然燃えやすい
特徴があります。

そのためレシチンが十分にあると、トリグリセリドが蓄積されにくく
また蓄積されたトリグリセリドが取り除かれやすくなります。

もちろん脂肪肝予防の最善の対策は節酒または禁酒にありますが
それとともにレシチンも脂肪肝改善や、肝臓を守るうえで重要なのです。

レシチンは大豆やごま、卵黄などに多く含まれますが
肝脂肪改善に役立つサプリとしては、黒ゴマ健康法などで有名な
ごまのレシチンが効果的だと言われているようです。







サブコンテンツ

このページの先頭へ