脂肪肝の食事|注意すべき4つのポイント

脂肪肝の改善法を知っておきましょう!

脂肪肝とは、肝細胞に、脂肪が溜まる病気のことです。
原因として、肥満・糖尿病があります。

また、アルコールの摂り過ぎが原因で、肝臓に脂肪が溜まった脂肪肝もあります。皮膚が黒ずみ、肝臓病特徴の倦怠感もあり、日常生活も辛くなります。

肝脂肪改善法の最善策としては、動物性タンパク質、油脂類、アルコールを避ける事など食生活の改善が挙げられますが 、食事の注意点は 次のようなことに気を付けてください。

肝脂肪改善の為の食事療法のポイント

【1、総摂取エネルギーの制限:肥満他糖尿病の症状の重さと、脂肪肝の症状の重さは比例するといわれています。食べる量を制限し、理想的な体重に近づけるようにします。】

【2、甘いものを制限する:ジュース類や菓子類に入っている蔗糖や、果物の果糖も中性脂肪が肝臓に溜まりやすい性質をもっています。ビタミンは必須なのですが、近年の新種改良された果物は糖分が多いので注意が必要です。穀類は肥満しない程度にとってください。】

【3、脂質を控える: 脂質はカロリーが高いため、少しの量でもうっかりするとすぐにカロリーオーバーになってしまいます。バターやマーガリン、お肉の脂身は避けます。調理に使う油は食物性の油にします。しかし、極端に脂質を抑えると、必須脂肪酸の欠乏を招きますから注意をしてください。】

【4、たんぱく質の適量の摂取:肝臓にとってたんぱく質は必須です。肝臓には栄養のあるものが必要です。良質なたんぱく質を適量摂ることをお勧めします。】

以上のことを心掛けて肝脂肪の改善を目指しましょう。
もちろん、アルコールの飲み過ぎは避けてください。^^;

 

 

 

 







サブコンテンツ

このページの先頭へ