肝臓を強化するにはタンパク質を2種類以上同時に摂るのがコツ

肝臓強化におすすめの食品のとり方

肝臓の強化に大切なのは、高タンパク質の食品を摂ることです。

肝臓は再生能力の高い臓器で、食べ物からとったタンパク質を材料にして絶えず人間の肝臓に必要なタンパク質を作り出してくれてるからです。

ところで、食べ物からとったタンパク質は、腸から吸収される時に一旦アミノ酸に分解され、肝臓でアルブミンなどのタンパク質に組み替えられます。

なぜこのような事が行われるかというと、肉でも魚でもそれらに含まれるタンパク質はその種ごとに特有のアミノ酸組成になっていて、肉や魚のタンパク質がそのまま人間のタンパク質になるわけではないからです。

因みに人体の組織に含まれているタンパク質の中で最も多いのは
アルブミンです。

ところが、肝硬変などになって肝臓のタンパク質合成機能が低下すると、身体の中からこのアルブミンが減少します。故にアルブミンを補給する必要がでてくるのです。

肝臓のアルブミン合成には、いろいろなアミノ酸が必要になります。
ところがアミノ酸のなかには体内で合成できないもの(必須アミノ酸)が8種類あります。

そこでこれら8種類の必須アミノ酸をバランスよく含むタンパク質食品を摂る事がなによりも望まれるのです。

おすすめのタンパク質

では、一体どんなタンパク質食品に必須アミノ酸がバランスよく含まれているのでしょうか。

それをはかる尺度として、アミノ酸価という物があります。

アミノ酸価とは幼児に必要なアミノ酸の量を基準にした理想のタンパク質を100という単位であらわし、これと食品のアミノ酸組成を比較する方法です。

アミノ酸値が100かそれに近い値を示すものが良質のタンパク質ということになります。例えばアミノ酸値が100になる食品は牛乳や卵、肉類そして魚の中ではあじなどです。

大豆やほとんどの魚類は100には及びません。したがって、欧米人に比べて肉類よりも魚や豆類の摂取がどうしても中心になりがちな日本人の場合、必須アミノ酸を理想的に補給しにくい面があります。

そこで和食党の人に是非おすすめしたいのが、魚と肉、肉と大豆といったように2種類以上のタンパク質食品を組み合わせて食べる方法です。

これなら1種類の食品に含まれるタンパク質のアミノ酸価が低くてもそれぞれ足りないアミノ酸を補い合う形となり、アミノ酸価はぐんと上がります。

肝臓に自信がない人は特に、バラエティに富んだ献立を常に念頭に
おき、肝臓強化に努めてほしいものです。







サブコンテンツ

このページの先頭へ