肝臓の病気と症状|よくある誤解と原因について

肝臓の病気にはどんな症状のものがあるのか

肝臓に関する病気と症状は、幹細胞が何らかの理由で破壊されたり、その働きが阻害されたりして、肝臓全体の働きが低下したときにあらわれます。

その原因は実に様々なのですが、肝臓の病気に対する誤解の多くは、肝臓病というと一つの病気と考えてしまうことに起因しているといえるでしょう。

例えばウイルス性肝炎とアルコール性肝障害では原因がまったく違います。

前者は肝炎ウイルスに感染して起こる肝臓病、後者はアルコールの摂り過ぎが誘因となって起こる肝臓の病気です。

予防法も治療法も異なってきます。また、同じウイルス性肝炎であっても、ウイルスの型が違えば病気の進行の仕方や治療法は違ってきます。

肝臓の病気にはあらわれる症状が同じでも、原因が違えば同一の病気とは言えない物もあるのです。まず、何が原因で肝臓病になったのかをきちんと理解してください。

後ほど、肝臓の病気の症状と種類については詳しく解説していきたいと思います。

肝臓病には様々な合併症がある

肝臓の病気を広い意味で捉えると、糖尿病や胃潰瘍十二指腸潰瘍なども含まれます。

「どうして?」と思われる方もいるでしょう。もちろんこれらの病気が単独で起こることもあります。しかし肝臓の働きが低下することで引き起こされるケースも
あるのです。これを「合併症」といいます。

肝臓はエネルギーの生産やタンパク質の合成、毒物の分解、胆汁の生成といった様々な仕事をこなしています。

さらに、血液中の成分を一定に保つ役目もしています。

そのため、他の臓器との関係が深く、肝臓を悪くすると他の臓器や器官にに支障をきたし、肝臓の働きが低下することもあります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ