肝臓の検査|種類と目的、受診頻度の目安について

段階に応じた肝臓検査のいろいろ

肝臓の検査というと、GOT・GPTやγ-GTPなど、健康診断における肝機能検査を思い浮かべる人が多いことでしょう。

これらの数値が悪いと「要精検」となり精密検査が必要との通知を受けることとなります。消化器の専門医を訪れると、問診、触診、スクリーニング(ふるい分けの意味この場合は血液生化学検査の事)尿検査などが行われます。

病院で行われる検査は集団検診よりも格段に綿密なもので、肝臓の状態がかなり正確に把握できます。

「精密検査」の通知が来たら、忙しいなどと言い訳をせず、必ず精密検査を受けましょう。異常値が出た場合は、超音波検査(エコー)で肝脂肪の状態を詳しく調べることができます。

超音波でさらに怪しいところが見つかった場合は、CTやMIRといった画像診断を受けましょう。これらの画像診断は、肝がんの早期発見にきわめて有効です。

また、病気の進行具合を診断するには、肝臓に細い針を刺して肝細胞の一部を採取する肝生検や、腹腔内にカメラスコープを入れて肝臓の様子を直接観察する腹腔検査が行われます。

肝臓の検査の種類と目的

【肝機能検査】

肝臓の障害の程度を見る…GOT・GPT

肝臓のはたらきをみる…アルビリン・ビリルビン・プロトロンビン時間・トロンポテスト・

ヘパプラスチンテスト・アンモニア・総コレステロール

胆汁の流れ具合をみる…ALP・γ-GTP・ビルビリン・総コレステロール

肝炎の慢性化度をみる…γ-グロプリン・ZTT・ICG試験

病気の原因を調べる…ウイルスマーカー

【腫瘍マーカー検査】

肝がんの発生状況をみる…α-フェトプロテイン・異常プロトロンピン

【画像検査】

肝臓の大きさ、形、がんの発生をみる…超音波検査(エコー)・CT検査・MRI検査

【肝生検】

肝臓の組織をとって正確な診断を下す

【尿検査】

尿の色で肝機能をみる…尿ウロピリノーゲン

【便検査】

便の色で肝機能をみる

【血液検査】

血小板減少は肝硬変の兆候…赤血球・白血球・血小板

専門医による問診の大切さ

病院で受診すると、医師は最初に問診を行います。

健康診断で「要精検」が出た場合はもちろんですが、発熱、全身の倦怠感、頭が重いなど風邪によく似た症状や、食欲不振、吐き気など、胃腸症状が出た場合でも、消化器の専門医であれば、一応、肝臓病を疑うものです。

聞かれるのは、肝臓病の血縁者がいたか、輸血や大きな手術の
経験、出産で出血が多くなかったか、海外旅行や鍼治療などで
肝炎に感染した可能性はないか飲酒量はどれくらいか、
薬物を乱用していないかなどです。

肝臓が気になって受信する場合は、こうした質問に答えられるように
あらかじめ考えておきましょう。

気になることがあれば、患者さんの側から医師に告げていただきたいものです。



サブコンテンツ

このページの先頭へ