肝臓の働きについて最低限知っておくべき基礎知識

意外と知らない肝臓の働きについて

「肝腎要(かんじんかなめ)」という言葉があるように、私たちの人間の
臓器の中でも、腎臓に並んで大事な臓器が肝臓です。

なので、ここでは肝臓病の説明の前に肝臓の働きや役割を
ご紹介したいと思います。

無口な働き者と言われているのが「肝臓」です。お腹の中央から右側にあり、
肝臓のほぼ全体が肋骨に覆われて守られています。重さは成人でおよそ
1~1.5㎏あり、体重の約1/50にあたる、人間に体に中で一番大きい臓器
が肝臓です。

肝機能が正常に作動していれば、肝臓の75%~80%が切り取られても回復し、
半年ぐらいの経過で元に戻るといいますからその再生能力には驚かされます。

とっても辛抱強くて静かに働いてくれるのはありがたいのですが、沈黙の
臓器の肝臓は、少しぐらいの不調では本人にも分かりません。
そのため健康診断で肝臓の病気が発見されることが多いようですが
指摘された本人は「まさか自分が…」と驚いてしまいます。

肝心な、肝臓の働きですが、肝臓には「動脈」「静脈」「門脈」と呼ばれる血管があり、
腹部内の主な臓器から送り出された血液は、心臓に帰る前に門脈を通り肝臓に
集まってきます。

そして、肝臓の仕事は500以上もあるといわれていますが、
そのなかでも主なものが「代謝」「貯蔵」「解毒」「胆汁の生成」です

代謝の作用では、食べ物が食事を通して胃腸の中に入り、アミノ酸や
脂肪酸に分解されます。分解されたものが今度は肝臓に行き、体の各器官
が必要とする栄養素に作り変えます。

そして、血液を通して各機関に運ばれます。これが肝臓の代謝としての大事な働きです。
また、貯蔵の働きでは、脳の大事なエネルギー源のブドウ糖をグリコーゲンの形で
肝臓に蓄えておきます。

そして、24時間いつでも補える態勢で、血糖値が上がり過ぎることを阻止する働きを
しています。その他、胆汁を生成する働きの他、有害物質を肝臓で解毒をして
無害なものへと変えるのも肝臓の働きです。







サブコンテンツ

このページの先頭へ