肝臓の位置を知り、肝機能回復マッサージをしてみましょう

肝臓の位置を正しく把握

健康を維持するために重要な働きを担っているのが肝臓です。

特にお酒を飲む機会の多い方は、肝臓の健康が気になるのではないでしょうか。

肝臓の位置はお腹の右上にあります。
横隔膜の下、胃の隣あたりですね。

内臓の中では大型の臓器で、女性より男性の場合はさらに大きい傾向にあります。

肝臓の主要な働きは分解と貯蔵です。
アルコールの分解効果はすでに有名ですね。

肝臓はアルコールだけではなくコレステロールを分解したり、
体内のデトックス効果にも貢献しています。

また腸から吸収された栄養分を貯蔵して、必要な時に利用できるようにするのも肝臓の働きです。あまりしられてはいませんが、体温を維持する役目も持っています。

これらのようなさまざまな働きによって、体を健康な状態に保ってくれているのです。

肝臓が健康にとっていかに大切な臓器かお分かりかと思いますがその分、不摂生な生活をしていれば肝臓にかかる負担も大きいのです。

では疲れた肝臓をいたわるためには、どんなことをするのが効果的なのでしょうか。

当サイトでは肝臓に良い食べものとして、いろいろなものをご紹介していますがそれらの効果を更にアップさせる方法というものがあります。

その効果的な方法というのが肝臓マッサージです。

なぜかと言うと、食べものによって肝機能は一時的に改善はしますが、食べものからの栄養の効果が切れると元の疲れた状態に戻ってしまいます。

弱った肝臓を本来の状態に戻すのは、食べものからの栄養摂取と同時に肝臓の働きを活発にさせるマッサージがとても良く効きくのです。

肝機能が弱っている方はここを押すと、心地よい痛みを感じるので自分の肝臓がの状態を知りたい方は試しに一度押してみてください。

肝臓の位置はお腹の右上でしたね。
まずはよく場所を確認しておきましょう。

肝臓の位置を確認したら早速肝臓マッサージ!

肝臓は肋骨の下に収まっています。
そこの位置と右の肋骨の場所を確認できたら、親指以外の四本の指を右の肋骨の内側に入れてみてください。

そのまま指を押しこむようにマッサージをします。
初めてすぐは抵抗感があるかもしれませんが、続けていく内に指が肋骨の内側に深く入っていくようになります。

そうなれば肝臓が健康になった証です。
コツは体の余分な力を抜いて息を吐きながらおこなうことです。

肝臓が硬くなっている人の場合は、いきなりこのマッサージをするのは難しいかもしれません。少し簡単にしたバリエーションでは、肋骨のきわから指圧するマッサージもあります。

マッサージによって肝臓の機能が正常に戻ると、体内のデトックス効果が高まり、老廃物を多く含んだ色の濃い便が出ます。

これは肝臓の機能が向上した結果です。

 

 

 

 







サブコンテンツ

このページの先頭へ