肝臓がんの症状|年間2万人にも及ぶ病気の生存率は

肝臓がんの症状も他の肝臓病と同じく自覚症状が少ないのが特徴ですが、倦怠感、横断、掻痒感(かゆみ)、意識障害などが代表的な症状です。

肝臓がんとは、文字通り肝臓に発生するがんですが、
肝臓がんの患者数は年間2万人にも及ぶと言われています。

がん死亡者数の男女比では、男性が第3位、女性では第6位と女性のほうが圧倒的に多くなっています。

肝臓がんは、ウイルス性のB型及びC型肝炎から移行したものや、肝臓自体の細胞から発生する「原発性」のものと、他の臓器ががんになり、そのがんが、血液とともに運ばれて肝臓に移ってできる「転移性」のものの2つに大別されています。

肝臓がんで余命を宣告されても、それよりも3年も命を延した患者さんもいれば、異常があって病院へ行き検査の結果、余命後3ヶ月と宣告されても急激に悪化して1ヶ月で亡くなってしまう方など様々です。

余命もですが、肝臓がんに限らず末期の症状はその患者さんによって千差万別です。友人のお母さんは、他の臓器から移転した肝臓がんでしたが、余命3年と宣告された後も元気に友人と親子で旅行をしたり、食欲などはお母さんの方が旺盛でとても余命を宣告された人とは思えなかったそうです。

しかし、ある日急に食欲がなくなり、お腹がポッコリして、尿が出なくなり導尿管を付けるようになしました。

意識も遠のいたりしましたが、こん睡状態でも耳は聞こえていることが多いと聞いていたので、ベッドのそばで可能限り話しかけていたといいます。

しかし、意識障害が出ると意思疎通は難しくなります。

末期がんの症状は本人も辛いですが、ある意味、周りの人の方が辛い思いをするのかもしれません。

 

 

 

 







サブコンテンツ

このページの先頭へ