肝硬変の症状と原因|現代医療での余命を伸ばす方法とは

肝硬変の症状は、慢性の肝障害が重症になり、肝細胞が死滅や減少した結果、肝臓が硬くなると同時に肝臓の働きが極端に弱った状態から発生します。

肝硬変の種類も幾つかに分けられており「B 型肝硬変」「C型肝硬変」「自己免疫性肝硬変」「アルコール性肝硬変」「原発性胆汁性肝硬変」「脂肪性肝硬変」など、肝臓を悪くした原因により分けられています。

B 型あるいはC型肝硬変の原因は、B型やC型ウイルス性肝炎が重症化したものですが、アルコール性肝硬変はご存知のようにアルコールの過剰摂取によるものです。

自己免疫性肝硬変は、今の医学をもってしても詳細は不明なのだそうですが、患者さん自身のリンパ球が肝細胞と免疫反応を起こしてしまうという説が一般的になっています。

このような免疫異常が起こる原因と考えられているのは、薬剤の使用やウイルスの感染とする説が多く、この自己免疫性肝炎は遺伝しないとされています。

原発性胆汁性肝硬変は中年の女性に多く発症するのが特徴で、難病のため公費の対症になっています。

脂肪肝は肝臓に含まれている脂肪が、異常に増加した状態ですが、それが重症化したのが脂肪性肝硬変です。

いずれの場合も肝硬変の症状の完治は難しく、完治には生体移植や脳死からの移植などの方法ではないと無理というのが、今のところの医学の現実です。

完治とはいかなくても、肝臓の臓器移植で余命を延せるようになっています。また、肝硬変は肝臓がん他肝性脳症や、食道静脈瘤を発生するリスクも高くなります。

 

 

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ