急性肝炎の症状|気づかずB型肝炎のキャリアになる危険性も

数ある肝臓病のなかに、急性肝炎があります。

そして、急性肝炎の症状のなかにも、「A型急性肝炎」「B型急性肝炎」「C型急性肝炎」「D型急性肝炎」「E型急性肝炎」「薬剤性肝炎」の種類があります。

また、一過性の急性肝炎というのもあります。
D型E型の急性肝炎は数が少なく、ほとんどのウイルス性の患者さんがA型やB型の急性肝炎です。

A型は慢性の肝炎には進みにくいですが、B型やC型は慢性に進むことも多く、さらに肝硬変やや肝細胞ガンに進むこともありますから注意が必要です。

母子感染で、急性肝炎の症状が無くて本人もB型肝炎のキャリアと
いうことを自分では知らないケースもあります。

急性肝炎のキャリアには十分に注意を

あるご夫婦のケースでは、ご主人がキャリアで、奥さんのそれを分かっていて結婚したのですが、二人とも感染についての知識もなくワクチン接種も受けずにお子さんが生まれましたが、幸いにもお子さんは感染していませんでした。

後になって怖くなったそうですが、実は深刻な病気なのです。

B型肝炎のキャリアの方と結婚されたら予防ワクチンをすると抗体ができ感染しません。もしも感染しても、劇症肝炎になるとか慢性肝炎になりリスクが避けられます。

この予防ワクチンをすると、9割の方が一生何もなく過ごせるようなので、ぜひ、予防ワクチンを接種することをお勧めします。

ちなみに、軽い慢性肝炎と診断されて、抗ウイルス剤を使用すると避妊しなくてはならないそうです。

ある30代になられる女性の方は、20歳の時に時受けた献血で自分がB型肝炎のキャリアであることを知りました。

怖くて結婚もできないでいるようですが、しかし、現在の医療では、母親がキャリアであっても、ワクチン接種を受けるなどの方法で、赤ちゃんに感染することはほとんどないそうです。

母乳をあげることはできませんが、心配し過ぎることなく、急性肝炎の症状について正しい知識を持つことが必要なようです。

 

 

 







サブコンテンツ

このページの先頭へ