ウイルス性肝炎の症状と原因や様々な種類について

一口に肝臓病といってもその種類は多く、原因による分類と病気の経過での分類とに分けられています。

原因による分類には、ウイルス性肝炎(A型、B型、C型、D型、E型)、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肥満に伴う肝障害(大半が脂肪肝)、自己免疫性肝炎、先天性肝疾患などがあり、

病気の経過での分類には、急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎、さらに肝硬変、肝癌に分けられています。

ウイルス性肝炎の症状は、日本で最も多い肝臓病です。
肝炎ウイルスの種類によって、A型,B型,C型、D型、E型、非A~非E型(G型、TT型など)に分類されています。

一般的にA型のウイルス性肝炎は比較的治りやすく、B型のウイルス性肝炎やC型のウイルス肝炎は、急性から慢性肝炎へと進んでしまう人も多く、さらには肝硬変や肝臓がんになってしまう人もいます。

しかし、B型や、C型のウイルス性肝炎にかかる人の割合は少ないです。

比較的軽症で済み、以前は3ヶ月の入院を必要としていましたが、今は多くのウイルス性症状の患者さんが1~2ヵ月で退院できるようになっています。

ウイスル性肝炎に小さい子供がかかるケース

しかし、そのウイルス性肝炎に、幼稚園前のお子さんがかかったケースもあります。幼稚園に通っているのですが、「疲れた」と言って幼稚園を休みたがるので、始めは登園拒否かと思ったそうです。

点滴を受けたりして今ではすっかり症状は回復しているそうですが、このお子さんの場合、初めは近くの内科医に先にかかっており、その後すぐに小児科に変えています。

その経験から小さいお子さんの場合は、幼児のウイスル性肝炎の症状に詳しい、小児科の方先生に診てもらうのが良いと言っていました。

 

 

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ