アルコールから肝臓を守る!お酒の種類に合うおつまみの選び方

アルコールの害から肝臓を守る、酒のおつまみの役割

本来お酒に合うおつまみには、お酒に欠けている栄養分を補ったり、アルコールを飲むことによって生じる障害を防いでくれる効用があります。

たとえば、アルコールを飲むと胃や肝臓に負担がかかります。それらの負担を軽くしてくれるのも酒の肴の持つ一つの効用なのです。

体のため、とりわけアルコールの害から肝臓を守る為にお酒には必ずおつまみを添えていただきたいものです。

とはいえ、そのおつまみがお酒の味をまずくしたのではアルコールの楽しみを半減しかねません。肴やおつまみはお酒の味を引き立て、おいしく味わえるというように相互作用が一段と深まる関係が最も理想的です。

ここでは、アルコールから肝臓を守る、お酒の種類に合ったおつまみ(酒の肴)の選び方をご紹介します。

アルコールから肝臓を守りつつ、おいしく食べられるおつまみ

日本酒

日本酒はコクがあるので、おつまみは逆にさっぱりしたものがよく合います。
タンパク質食品のなかでは、刺身、甘塩の魚の干物、豆腐や納豆などがお酒の味を引き立てます。

日本酒には塩辛いものが合いますが、塩分はなるべく減らす工夫をしましょう。肝臓を守るためには、貝類などを酢の物にして、野菜と一緒に食べる様にすると効果的です。

ビール

飲み口が軽いので、油けや塩気が少しある方が美味しいです。例えば、チーズ、ハム、ナッツ類、クラッカーなどです。

ただし、ビールの場合、中に含まれるホップの作用で消化力が高まるため、ついついおつまみも食べ過ぎてしまいがちです。

しかもビール向きのおつまみは少量でも比較的高エネルギー(高カロリー)のものが多いので、肥満につながりやすい事も考慮しなければなりません。塩分の摂り過ぎは肝臓に負担をかけますので、食べ過ぎには注意しましょう。

ウイスキー、ジン、ブランデー

こういったアルコール度数が高くて強いお酒のおつまみには胃粘膜を守るため
に、タンパク質を脂肪の多い食べ物がおすすめです。

代表的なものでは、チーズやレーズンバター、ハムといったところ。肉も脂身の少ないヒレ肉などをバターソテーにするといいでしょう。あさりのバター蒸しも、アルコールの害から胃と肝臓を守る格好のおつまみと言えます。また、意外ですが、ヨーグルトなどの乳製品もよく合います。

焼酎

強いお酒であるとうことで、基本的にはウイスキー等と同じです。焼酎の産地である鹿児島近辺では、酒の肴やおつまみにさつま揚げや豚骨をよく食べます。

これらはタンパク質と脂肪を豊富に含んでいて、理にかなっているのです。

ワイン

肉には赤ワイン、魚には白ワインと言われます。しかし、それほどこだわる必要はなく、好みで選んでもかまいません。肉や魚のほか、牡蠣、ムール貝、生ハム、チーズなどもよく合います。







サブコンテンツ

このページの先頭へ